洋服に付いた油性ペンを消す (*’-‘*)

油性ペンの成分は顔料(色粉)と溶剤(主にアセトンなどの揮発性の高いもの)です。

洋服に着いてしまった油性ペンはスグに乾燥して拭っても洗剤で洗っても取れなくなりますが、再度溶解して色粉を他のタオルなどに移す事で除去できるようになります。

その再溶解に使うのがアセトンです。

除光液の主成分でもあります。

アセトンを布に湿らせて、トントンと叩くように吸い出すのです (*’-‘*)

付いてしまった色粉とともに吸い付けるように寄せるのです。あまり強く叩きすぎると色粉が奥に行って物理的に取れにくくなってしまいます。(色粉は基本的に無機物なので、溶剤によって分解されたり色が無くなることはありません。)

ところで、洋服の色も落ちてしまうのでは?と思うかもしれませんが、洋服に使われる染料は顔料よりも細かく、繊維に密に絡んでいるので乗っかっただけの顔料のように落ちてしまうことはありません(目立たないところでパッチテストは必要ですけど)

上の絵で言うと、乗っかった色粉を剥がすようにトントンと叩いて溶剤(アセトンなど)に浸した布に持ってくる感じですね。

擦りすぎないように寄せるのがコツです (*’-‘*)