塗料の分類 – 塗料の種類って何よ!?

ここでは『塗料の種類』について書きます。

正確なところや詳細は各種塗料メーカーの解説ページが詳細なので省きますが、ここには一般的な住宅塗装に使用される材料について簡単にわかるよう、書いておきます。

そもそも塗料とは、溶質(発色を呈するもの:固体/顔料)と溶媒(溶質を分散させるもの:液体/水や油)から成っています。溶媒溶質溶け込んだ分散した溶液の事を言います。

その他、添加剤として微量の添加剤(消泡剤やレベリング剤,分散剤や沈降防止剤など/ほとんどが水和性のある油性のシリコーン樹脂)が入っています。詳しく知りたい方は、『塗料 添加剤』などで検索すると良いでしょう。水や油などの溶剤や添加剤は、乾燥後に無くなってしまうので、塗膜として残るものを加熱残分(要するに残った塗膜≒概ね50~60%)と言ったりします

塗料メーカーのように細かい点を挙げるとキリがないので答は単純に、
✓油性塗料か水性塗料か?
✓仕上りの表情は?
✓樹脂の自然耐光性の強弱は?
です。

  • 水性塗料といっても水だけで分散されているわけでは無く、添加剤(油分)が入っており、若干のニオイ(塗料臭)はします。
  • 仕上りの表情は、塗料職人の経験・感度工程管理・センスが大半の仕事を占めます。
  • 樹脂の自然耐光性の強弱は、使われている樹脂の架橋強度(成分ではない)に依ります。

要するに、

  1. 施工中、どの様な環境(臭気を気にするか)で過ごしたいか?
  2. どの様な仕上り(微細な出来)を求めるか?
  3. どの程度の頻度で改修の先(耐候性)を見ているか?

によって施主様ご自身が決めるべきという事です。

残念ながら何を選んでも正解はありません (◞‸◟)

簡単ですが、一覧にしてみました。
(一般的な棲み分けなのでコレが全てというわけではありません)

密着性に※印をしたのは、連続塗膜か複層塗膜かという意味です。水性塗料の場合、乾燥した後にもう一層乗るため1+1=2の塗膜が乗りますが、油性塗膜の場合、2層目を塗装する時に1層目を侵しながら連続した塗膜を形成するため、見かけ上1層の塗膜となる(厚みは2)ため+としました。

いまいちわかりにくいと思うのでプロットしてみました(独断です)。

ベクトルが複数あるので一枚にまとめるのは無理がありますが、一望できるかと(独断です@再度)。つまり・・・繰り返しになりますが、

  1. 施工期間中はどの様に住まわれたいか?(どの様な環境で施工できるか)
  2. 仕上り密度に何を求めるか?(どのような管理の下で施工されるか)
  3. 費用対効果をいかほど重視するか?(イニシャルコスト/ランニングコスト)

になります。重要なのは、手前の機能に騙されないこと。

手前の機能とは、無機とか4F(フッ素)とかです。
(お味噌汁に味の素を入れても味噌汁ですね/美味しくなりますけど)

先にも述べたように、塗料を構成する樹脂の大凡が有機物(炭素,水素,酸素,窒素)です。そこに少々の無機物を混ぜたところでそれは有機物なのです。

無機物とは、未来永劫組成やカタチを変えない鉄や銀のような金属や石や岩石などの物質です。(周期表でいう上段2行あたりから下全部)酸化して錆びたり欠けたりしますけどね。

何とも化学変化しないこれら無機物を添加したところで、塗膜にとっては異物です。そのもの自身の耐候性は高いですが、構成する樹脂までは強くなりません。

ラグビーで超絶強いフォワードが一人いたとしても15人相手に勝てないのと似ています (*’-‘*)

と言っても最終的には選ばなくてはなりません。ここで、何を選ぶか?ですが、塗膜を構成する大半の樹脂は一般的に、

  • アクリル(安い)
  • ウレタン(弾性がある)
  • シリコーン(あらゆる耐性が優れる)
  • エポキシ(耐薬品性,付着性に優れる)
  • フッ素(耐性が極めて優れるが高い)
  • ポリエステル(作業性が優れる)

などがありますが、何と何を比較してもいずれかが優れているというものではありません安くて何にでも塗れて硬くも柔らかくもできて塗りやすくて臭くなくて耐候性の高いものができたら優勝なんですけどね (‘◇’)ゞ

適材適所という言葉通り、選ぶべきところに選んで塗るとともに、費用と住宅の改修サイクルを天秤に掛けて丁度良いところを探るのです。

そのため、オーナーである施主様は、『何がどの塗料で・・・』などと考えるのではなく、塗装後の(可能なら次の塗装まで)サイクルを考えた費用を検討するだけで良いのです。

あとは塗装屋が『それならば』という提案を2~3してくれます(たぶん)。

ご自身が立てた費用イメージと塗装屋が持ってきた見積(仕様)と仕上りイメージ(外観シミュレーション)が合致したら契約です。

友井塗装店では、まずは施主様のご意向を伺います。