お風呂の掃除

お風呂やキッチンのシンク廻りの掃除は大変ですね。

浴槽に入っても内側や底面がざらついたことはありませんか?

ここでは、これらを簡単に除去する方法を書きます。と言っても特別な薬品や道具を使うような事はしません。

使うのはコレです

重曹とクエン酸です (‘◇’)ゞ

重曹は炭酸水素ナトリウム(NaHCo3)とも言い、弱いアルカリ性を呈しますが、調理に使われたり弱い研磨効果を利用して食器洗浄に使われたりします。

クエン酸(C6H8O7は聞いたこともあろうかと思いますが、柑橘類の酸っぱいヤツです。レモンやオレンジにあるヤツです。名前の通り“酸”ではありますが、強度としては非常に弱く、pKa値も小さく酢の1/10倍くらいの酸度です。炭素と水素と酸素から成るので口にしても安全ですね。

これらは総じて安全な薬品です。薬局やドラッグストアや百均にも安価で売られていますからね。

水垢の原因は、水道を流れる水に含まれるナトリウムやカリウム,カルシウムやマグネシウムといったアルカリ金属類です。

なので、こびり付いたアルカリは酸で中和しましょうというのがクエン酸なのです。 それでも取れないヤツは、重曹で研掃しましょう。クエン酸も重曹も水と粉を10:1くらいで混ぜればいいです(適当でも)。重曹は溶けにくく、その結晶も丸いのでその研掃作用を活かすのです。 ただ、間違っても同時に混ぜるのはNGです。(危険という意味ではなく、単純に無意味なのです ´Д` シュワシュワと泡だって効果ありそうですが、ただの中和反応です)
ナトリウムと酸がくっついて塩(えん)ができ、二酸化炭素と水が発生します。
余談ですが、クエンという果実があります。