防水塗装

DSCN1178

防水(屋上含む)は外壁塗装の範囲の中では眼下の部位になり、普段から意識している箇所ではないですね。

『防水』はどうしても保守の認識が低くなりがちですが、住宅保持の観点では外壁塗装よりも前で、最重要の点検項目となります。

建造物の構造では、水の流れを変えることは出来ても防水機能自体は変えることはできません。したがって、定期的に防水層を拡充・改修する必要があります。

下地の状態や陽当たりなどの環境により一概に言えませんが、施主様の要望により以下のように判定しています。

友井塗装店では他にも下記のような案件を与っております。

防水塗装は、下地や環境,部位や使用方法に即した仕様があり『何でも塗れば良い』というわけではありません。

友井塗装の取り組み

漠然としたイメージを具体化

友井塗装の得意は、特定の製品を符合させる事ではなく“施主様の悦びを得ること”です

施工後からが本当のお付きあい

明確な“解”の無い住宅塗装において、長期的な目線“施主様の利”を一番に考えます

圧倒的な施工管理体制

友井塗装店では施工技術はもとより、“施工管理・材料管理”に重点を置いています

取扱材料の豊富さ

友井塗装は凡そ全ての国産塗料の中から“施主様の満足を得ること”を命題としています

塗装の出来こそが営業マン

友井塗装には営業マンが居ません
何故か!?
塗装の出来こそが営業マンなのです☆

誠実な適正価格

特別安くはありませんが、高くもありません。
何が適正仕様適正価格であるかを他社様と是非比較検討されてください

塗装屋が話したくない住宅塗装の真実を書いています